知らないことばかり!聞いてよかった!もっと知りたい!もっと聞きたい!

子どもの育て方で重要なキーワードは「脳・脳機能」
子どもの脳は、「親の言葉」で育つ、「親の接し方」で育つ。
子どもの健やかな人格や個性は親が与えた刺激で形成される。
子どもの心理を理解し、親の言葉・接し方・対応力を学ぶことが家族の幸せのために求められています!

お問い合わせはこちら

子育て心理講座

今、問題のある子が増えています。
働いていない15歳から34歳の完全失業率は139万人、ニート63万人、引きこもり70万人、引きこもり予備軍155万人、うつ病患者110万人突破(H26年/厚労省資料) 社会に貢献できていない若者は427万人にも及びます。また不登校13万人、20歳以上の死の原因の1位は自殺。学級崩壊が社会化問題、小学校でさえ暴力事件が増加、これは何を意味しているのでしょうか?

(2010年 内閣府、若者の意識に関する調査)

私の子育ては何が間違っていたんだろうか

子育ての失敗談そういった相談の多くは、中学2年生ごろになった我が子が不登校、引きこもり、母親への暴力から、やがては母親が子どもの奴隷となるなどです。

「後追いはありましたか?」「人見知りはしましたか?」「子供が初めて歩いた時の事を覚えていますか?」にはほとんどの方が覚えていないといいます。

子どもが小さい頃あまり関りを持たなかったお母さんは子どもの事を「良い子」という表現をしがちです。

母親の愛で満たされた子は、いじめをしたり、暴力をふるったりする必要がありません。友達との関係も安定・友好的で、トラブルの調整力を持ち、活動も創造的です。満たされない子が、様々な問題を抱え社会に問題を起こすことが多くなるのです。

人間の性格は生活からつくられる。人間の核づくりは子育てから

人が生きていく中で、大事なことほど、何度でも繰り返す根気が必要です。何度でも繰り返していくと、それが習慣になります。根気をもって、苦労してつくられた習慣の中から、その大事なことは生まれてきます。言葉や表現力や共感力、喜怒哀楽も同じです。親が教えなければ子供には身に付きません。

子どもを育てていくという事は、親が自分の生きている時間を諦めることの上になりたつものです。(ずつとではありません。3年ごとに大きく成長していきます)まずは3年、子育てへの忍耐は親が請け負わなければならない仕事です。子供を育てる事により親は親になっていくのです。脳科学的にも、自然な出産、授乳、赤ちゃんの肌に接触することにより、スイッチが入り、オキシトシンやプロラクチンなどの母性行動を引き起こすホルモンが、母親身体内に分泌されると説明されています。

また父親としては、子供が言葉を覚えて友達と関わり、子どもたちの世界を広げるようになると、父親も大切な事を子どもたちに教えていかなくてはなりません。身体的機能の使い方、努力をすること、友達には優しくすること、卑怯なことはしない事、良いことと悪いことを区別して「人として生きるために大切な事」を身を挺して子どもたちに見本を見せ、教えていかなくてはなりません。

子育てなんてできるのが当たり前と考えがちですが、無知であることから子どもの心を傷つける事でダメージとリスクは深刻になり、やがては何らかの出来事をきっかけに、自己否定・破壊(自殺・自傷行為・凶悪犯罪等)、現状逃避(登校拒否・引きこもり・人格障害他)、現状破壊(家庭内暴力、親の殺人他)、復讐・間接自殺(近親者殺害・凶悪犯罪等)などの衝撃的行為に走ることになります。

子どもや家族を不幸にし災いをもたらす原因は、適切な子育ての知識をもたない親にあるケースが多いのです。

それを知らずに、気づかずに育てる事で、子供に備わっている天才的潜在能力の基盤を歪め、子供に諸悪の根源ともいうべき「心的外傷」トラウマを親自らが与えることになるのです。

身体的虐待、ネグレクト、性的虐待といわれる目に見えるものは、ごくわずかで、最も多くて深刻なのは、「心理的虐待」です。

親が気づかずに子供に与えている心理的虐待が「心的外傷」トラウマとなり、悪影響を与え続ける事で、のちに子供の一生・家族の運命までも左右することになるのです。

子育て心理講座には「必要不可欠の知識」が詰まっています。

子育て心理JCCAでの学びは、人類の英知とされる多くの優れた研究者・科学者たちが百十数年かけて研究・開発してきた教示の中から、適切な子育てに役立つものを抽出してまとめた知識と、日本に古くから伝わる、子育ての教訓における教示をまとめ知識としてお伝えしています。

「心とは、脳・脳機能である」とする認知心理学(その系統や領域となる実験心理学、データ心理学、大脳生理学や脳科学)を参考に親が与える「思い」「言葉」=言霊、「行動」についてもお伝えしております。

 

「子育ての知恵と英知」「子供の心理」知って子育てをするのと、知らずに子育てをするのでは、不安や悩み迷いからのお父様お母様のストレスの度合いが違います。

受講された皆様は必ず同じことを言われます。

「こんな体系的知識が知りたかった」「もっと早く知りたかった」

「不安や疑問が晴れてスッキリしました」

「子供へのストレスが軽くなりました」

「何をすればいいのか分かって安心しました」

「自信をもって育てられます」

「自分の育てられ方を思い出しました」

「迷ったけど来てよかった」

「まだ間に合いますか・・?」

などです。

講座を学ぶことで、「適切な子育て力」知恵や英知が備わります。

これは次の世代への引継ぎができます。とても重要なことです。

育てる時に大切なことは、たとえ過去に類のない大革命の時代が来ても、人間にはその状況や環境に適応できる変化対応力が備わっている、この変化対応力を備えさせる事こそ、自分に自信をもって生きる、生きてる価値を与える子育ての重要な「見えないテーマ」となっています。

より良い子育てを目指す方、子どもを社会人として立派に育て上げたいと考える方、また、夫婦二人のお互いの向き合い方、子育てへの思いやり、お互いの時間をどう向き合って過ごすのかなどの会話のノウハウも学べる講座となっています。(受講後、個別のご相談も可能です)

 

出産を前に不安がある妊婦の方、子育てに悩むすべてのお母様お父様へ・・・

・子育てで毎日疲れ果て・周りの協力も得られない・・

・夫は育児に逃げ姿勢・母子家庭だから、普通より頑張りたいけど・・

・泣き声で、頭がおかしくなりそう・どうやって育てたらいいかわからない

・離婚はしたくない、夫婦円満仲良くやっていきたい・自分の育てられ方には不安がある

・自分のコミュニケーション、子供のコミュニケーションに不安や悩みのある

・自己肯定感が低いと思っている・虐待の危険がある、経験がある、

・家族問題やトラブルを抱えている、など

愛する我が子のため、子育て心理「思い」「言葉」「行動」を学び、楽しく、健康で、幸せな子育てができる知識をお伝えします。

 

子育て心理講座 1⃣  (1) 基礎知識

子育て心理講座 2⃣   (2) 子育ての基本

子育て心理講座 3⃣   (3) リスクと要点 

子育て心理講座 4⃣   (4) 0~3歳編

子育て心理講座 5⃣  (5) 4~9歳編

子育て心理講座 6⃣  (6) 10~15歳編

料金は各¥5,000円です。一つの学び:所要時間は120分程度

場所: JR横浜駅みなみ東口 徒歩6分 京浜急行戸部駅 徒歩6分

相鉄線平沼橋駅 徒歩4分 市営地下鉄高島町駅 徒歩5分

日新横浜ビル5F 会議室

個別に対応しております。お気軽にお問合せ下さい。

 

【関東近県、訪問サポートあります】対象年齢4歳まで

スクールまで来れない、もしくは来るのが困難なママのために・・・

幼い子供が複数いる、療養中、妊娠中、遠方などのご事情に合わせて、ご自宅に伺います。

無駄な時間を減らし、育休中や赤ちゃんの育児中の方も安心して学ぶことができます。

相談していることを誰にも知られずに済みます。

対応時間:10時から20時まで(予約制)

対応可能エリア:東京都・神奈川県・埼玉県

(対象外だけど、受講したいという方、講座の依頼はお問合せよりご相談ください。)

 

受講してみよう♡・・・まずはお問合せ下さい。

 

1講座ずつ単独で学べます。お子様の年齢に合わせて1講座づつも可能ですし、現在妊娠中で産まれてきてから分けて受講したい、思春期だけ聞きたいなど講座の選択は自由です。

最初が肝心です。「基礎知識」は生まれる前の受講をお勧めします。

終了後、ご相談も受け付けております。

シェアする
JCCA認定 子育て心理講座 神奈川横浜サロン