子どものため「真面目」さや「熱心」さ、愛情や親心は逆効果

お母さん、お父さんの学歴や家柄、キャリアは子育てには関係ありません。
子どもの育て方で重要なキーワードは「脳・脳機能」です。
子どもの脳は、「親の言葉」「親の接し方」で育ちます。
2030年に向けて求められるのは、記憶力や暗記力、計算力や読解力などではありません。
柔軟な思考やプラス思考、好奇心や創造力、工夫や表現力そして知恵や英知、何事にも情熱のある子です。
本講座では、社会環境が大変化する新時代にも適応した生きる力、幸せになる力、成功者になる力を備えた子供に育てる体系的内容が学べます。

お問い合わせはこちら

JCCAとは

JCCAとは

2000年、17年勤めた東京出版(株)代表取締役を退職し、「日本防犯診断士協会」を設立。 以後、独自の理論となる「自力防犯」を提唱し総合的研究・啓発普及、後継者の育成、安全な街づくりや子供を守る活動などに従事、現在も取り組んいる。

2009年「子ども達は人類の財産である」という信条のもと、子どもを守れる家庭、街や地域、学校、社会づくりを提唱。「適切な子育て」こそ、子どもを守り育む核であるという信念から「子育て心理カウンセラー」の養成、支援を目的とした「子育て心理研究所」などを設立。各種相談会や研究会などに取り組む。10数年の経験から「中山式子育て論」「子育ての黄金律」など独自の理論を提唱。

中山 天(なかやま たかし)

NPO法人日本防犯診断士協会/理事長

子育て心理研究所 /所長,一般社団法人 日本子育て心理カウンセラー協会/代表理事,一般社団法人 日本子育て力検定協会/顧問

子どもの防犯&子育てに関するスペシャリスト。講演やセミナーでは本格派講師として高い評価を受けている。「学歴編重の子育ては避けなさい、子育てに母親の学歴や出身校は関係ない」「子どもは幸せになるために生きている、生きる力を与えなさい」

防犯から子育てに取り組むようになった背景

長年、防犯に携わったことでの気づきから、近年は犯罪被害を受けやすい子どもたちが増えているという事。逆に問題行為や非行、犯罪に走りやすい子どもたちが年々増えている、また、些細なダメージやトラブルで挫折してしまう弱くて脆い危うい子どもたちも増えている。

これらの子どもたちの多くが犯罪被害者・犯罪者予備軍化してしまう、例えば、不登校や引きこもり、家庭内暴力や家族間殺人などの増加はその現れとなっている。

防犯に携わりながら、子どもを犯罪被害者にしないために、非行や犯罪に走らせないために、挫折しづらい子どもに育てていくために、子どもたちを守れる家庭や家族、保護者、園や学校、街や地域づくりをテーマに子育て心理研究室を作る。10数年「健やかな子育て」のカウンセリング、アドバイスを行い 「中山式子育て解決辞典」 「子育ての黄金律」など独自の視点での子育て理論を提唱。その後「子育て心理カウンセラー」養成テキストを執筆。

子どもの一生や人生の幸・不幸は、母親の子育て力で決まる。我が子を健やかに成長させ、優れた能力と精神力を兼ね備えた若者・大人に育ててほしい。どんなダメージやトラブルがあろうと挫折したり、ドロップアウトしたり、犯罪などに走らない若者に育ててほしい。そのために不可欠な知識やスキルをまとめたのが「子育て心理カウンセラー教本」。また一人でも多くの母親、一組でも多くの母と子に幸せになってほしいと心から願って、その思いを伝える認定カウンセラー・講師を育成している。

 

シェアする
JCCA認定 子育て心理講座 神奈川横浜サロン