命の重さ

命の重さ

子どもは純粋

子どもは自分が存在するすべての根源が母親であることを知っています。 普通に育てられた子は、母親に愛されたい、母親に喜ばれたいと心底思っています。子供にとって、母親の笑顔や穏やかな表情を見るのが至上の喜びであり、幸せなひと時でもあるので...
命の重さ

子どもの命、「授かる」から「つくる」へ

子どもを持つことを人々が日常どのような言葉で語るか、最も頻繁に使われているのは、子供を「つくる」です。「そろそろ子どもをつくろうか」「子供をつくるにはまだ・・・」「子供をつくりたいが・・・」という風に会話として耳にします。 これは親が...