知らないことばかり!聞いてよかった!もっと知りたい!もっと聞きたい!

子どもの育て方で重要なキーワードは「脳・脳機能」
子どもの脳は、「親の言葉」で育つ、「親の接し方」で育つ。
子どもの健やかな人格や個性は親が与えた刺激で形成される。
子どもの心理を理解し、親の言葉・接し方・対応力を学ぶことが家族の幸せのために求められています!

お問い合わせはこちら

赤ちゃんまめ知識

誕生する赤ちゃんの脳・発達

お誕生の頃

脳細胞の数は総計約1000億個を超えるが、ほとんどは未成熟か活性化していなく、相互の結び付きも弱い(感覚器官が得た情報を大脳新皮質に送るための二つの重要な経路がある)誕生の瞬間から、経験することが細胞の電気的活動の引き金となり、電気的活動に刺激されて、脳は何千ものニューロンの結合をうながす。こうしたニューロンの継ぎ目はシナプスと呼ばれ、電気信号で情報をほかのニューロンに伝達する。

産まれたばかりの我が子との「アイ・トゥ・アイ・コンタクト」

言葉を話さない赤ちゃんとお母さんとの最大のコミュニケーションです。瞳を見つめてみましょう。

その後の発達

生後1年で脳のサイズは2倍になり、3歳になるころには成人の脳の80%の大きさになる。3歳までの3年間、毎秒700から1000の新たなニューロン結合が行われ続ける。脳の大きさは6歳までに成人の脳の90%になり、20代になるまで発達を続ける。

 

行動

生後1か月、自分では頭を少ししか起こすことができない。2か月、仰向けに寝かせたときに手足をばたつかせるようになる。首が据わると、うつぶせの時に腕で体を支えて起き上がろうとする。そして、左右に体重を移動させながら腕の力を鍛え、肩の筋肉と一緒に使うことを覚える。

生後6か月間は、頭や首の姿勢を保つ力をつけるために費やされる。

この期間が事実上、その後の運動能力の発達を支える土台になる※カール・ギャバ―著

ハイハイや伝い歩きをする前の生後8~9か月頃に、まずはお座りを試みるように。これは歩き回る準備ができつつあるサイン。それから、つかまり立ちができるように、ただ直立姿勢を取るようになっても、数か月はソファーや大人の脚など周りのものにつかまって、横方向に動くことが多い。

1歳の誕生日が近づく頃には、ついに小さな一歩を踏み出す。ここで1歳の誕生日を迎えた我が子がハイハイや伝い歩きをしていなかったとしても、決して焦らないこと。歩き始めるのに正常とされる時期の範囲は9~16カ月とかなり広い。しかもその過程は、個人や文化により大きく異なる。これは脳の違いによるものではない。

発達が早くても遅くても将来の能力とは関係ない。大切なのは全体的な発達のレベルに目を向ける事。歩き始めるのが遅くても、ほかの能力が十分に発達していれば心配はいらない。子供の成長は一人一人違う。※ナンシー・ランフィア(発達小児学者)

※参考文献図書:ニューズウィーク日本版 育児編、ベビーサイエンス 

赤ちゃん成長と発達は←ここをクリック

 

 

 

 

シェアする
JCCA認定 子育て心理講座 神奈川横浜サロン