仕事と家庭の両立

仕事と家庭、家事育児の両立は日本の女性にとって家族の役割分担から見た課題でもあります。他国との国際比較からも日本ほど男女で偏りの大きい国はないことが分かります。

男性は結婚しようが子どもがいようが仕事が第一、家事育児は時間があれば手伝うもので、両立は男性の課題ではなく「男は仕事/女は仕事も家庭も」が大勢です。(最近は稼ぐ役割との関係で夫の家庭関与が少しずつ増加傾向ではありますが)

またアンケートから、男性の家事育児量の回答を見ると夫自身の回答と妻が(夫)を評価回答した場合とでは結果に違いがあることが分かっています。夫は周囲の男性と比べて自分は「やっている」と答えるのに対して、妻は夫婦間比較、夫を自分と比べて判断するからです。そう、このズレが家事は誰の責任の認識と関係しているのです。やがては離婚の問題にも発展することに。

家電製品がなんでもやってくれる時代になり、家事が楽に便利になった事で変化するかと思いきや、便利でなんでもある時代なのに、人々の今までの暮らしへの執着があり、「家事は女性の仕事」の根強い考え、「男は仕事」「子供は勉強」と女性の自負が夫や子供の家事を受け入れなかったマイナスにもなっています。年代による考え方や旦那は元気で留守がいいなどがその時代背景となっています。それゆえ、性別分業を今でも続けさせている一因、子供の家事手伝いも最も少ない国となっています。

「ケアの分担」ケアの重みが妻の不満を招き、結婚満足度の低下の要因ともなりますが、これだけにとどまらず、自分がケアをされるだけでケアの体験を持たないことは、他者、自分より弱い、幼い、病む人への思いやりや受容し配慮する心に欠け、さらにその人の力になり援助する行動を起こり難くさせます。

「おとな」の条件は自立です。でも人として幼児、弱者、病人、老人への配慮や援助などへの思いやり、優しさなどの心と精神をもっていることは大人としての必須条件です。「ケアを経験する」ことは大人が育つ過程、条件でもあるのです。だから、昔の人は子供を持つ事で一人前という言葉を使ったのではないでしょうか?

男性のケアを経験しない、妻から身の回り万端のケアを受けている間は「もう一人の子ども」です。現代は超高齢化社会です。男女共にお互いが助け合って家庭を家族を支え守る必要があります。育児、家事、介護など同等に担うような社会、男性女性どちらも公正と正義、他者への配慮や価値判断、相手の立場や気持ちがわかる柔軟な心の発達を促し、お互いに愛があふれる関係を作り、自分が大人になる必要がある時代がまさに今といえるでしょう。